おならを人混みの中で我慢できる間はまだいいのですが、自分でおならをコントロールが...

肛門科に行くべき?

おならを人混みの中で我慢できる間はまだいいのですが、自分でおならをコントロールができないとなると話は深刻ですね。

自分で気が付かない間に漏れてしまったり、おならがしたくなった時に我慢できずに出てしまう・・・こういう症状はお年寄りだけでなく、若い人にも決して少なくありません。

こういう悩みを聞いて診療してくれるのは肛門科でしょうか?

肛門は、おならを出してはいけない場所と時間に出ないようにコントロールしてくれる役目を担っていますから、受診すれば原因を調べてくれるでしょう。

とは言うものの、肛門科で診察をしてもらうには決心が要るものです。病院を受診するほど症状がひどくなる前に自分で体調管理をすることで、おならの頻度やにおいをかなり改善できますよ。

不規則な食生活や、肉食に偏ったオカズは、おならが増える元です。腸の中で食べ物が発酵してガスが溜まってしまうんです。ですから腸の健康を意識すれば、おならを随分減らすことができます。

例えばラクトフェリンという多機能タンパク質は、抗菌作用があるので腸内に生息する大腸菌などの悪玉菌を殺して善玉菌が住みやすい環境を作ってくれます。

ただしラクトフェリンのデメリットは、熱や酸に弱いのでそのままの形で食べ物から吸収できません。ですから、表面をコーティングして胃酸に溶けずに腸まで届くようなサプリメントの形で摂る方法が一般的です。

他には、便秘症の人や、オナラで悩んでいる人が愛用しているオリゴ糖は、胃酸で分解せずに腸まで届き、善玉菌を増やしてくれます。

日頃から腸内で善玉菌が増えるような環境を作るように努力して、それでも症状が改善されずにおならが頻発するのなら、肛門科に行ってお医者さんに悩みを相談してみてはどうでしょう?

Copyright ©  おなら_臭いweb ※匂い?病気? おなら恐怖症  All Rights Reserved.