急に太ったわけでもないのにおなかがポッコリ膨れると、恥ずかしいだけでなくて、着る...

ポッコリおなか解消

急に太ったわけでもないのにおなかがポッコリ膨れると、恥ずかしいだけでなくて、着る物にも苦労しますよね。普段着ているスカートがきつくなったりするとホント憂鬱です。太ったのかなと思って体重計に乗ってもそんなに変わってないとなると、原因は別にあります。

おなかを軽くたたくとポンポンと音がするようなら、腸にガスがたまっている証拠です。食べ物や唾を飲むこむ時に空気も一緒に飲みこんでしまうんです。その空気がゲップやおならとして出ないで、腸内でガスとなっておなかが膨れてきます。この状態は腹部膨満と呼ばれています。

つまり、おなかがパンパンに張って膨れている時は、腸内でガスが異常に発生していると考えればいいでしょう。ですから、ポッコリおなかにならないためには腸内環境を整えることが大事です。

腸内に住む悪玉菌を減らして腸の免疫力を高めるような栄養を摂れば、腸が健康になってガスも溜まりません。

善玉菌を増やすにはビフィズス菌などの乳酸菌を摂ると良いのですが、チーズやヨーグルト等で外部から摂取する場合、胃を通過する際に、その大半が死滅します。

また、生きたまま腸まで届くヨーグルトなどで摂取した場合でも、やはり外部から摂取した乳酸菌は腸内に長く留まらず、すぐに排出されると言います。

なので、腸内の善玉菌を外部から取り入れるというよりは、すでに腸内にいる善玉菌を増やす働きのあるオリゴ糖を摂る方が合理的だと言えます。オリゴ糖は胃酸で分解することもないので、シッカリ腸まで届くのでロスもありません。

また、腸内でビフィズス菌等に役立つと言われるラクトフェリンも近年、便秘症の人達がこぞって使い始めています。

ラクトフェリンは熱処理されていない牛乳に含まれていますが、実は熱や酸に弱いという特徴があります。私たちが普段飲む牛乳は熱処理されていますし、いずれにしても胃を通過する時に胃酸で壊れてしまうので、効果の期待できるカタチでラクトフェリンを摂取することは難しいと言われています。

ただし、サプリメントの形でラクトフェリンを摂れば、腸まで届けることができます。この場合、表面がコーティングされたものを選ぶことがポイントです。

Copyright ©  おなら_臭いweb ※匂い?病気? おなら恐怖症  All Rights Reserved.